指揮者:平川 信 氏  (声楽家・合唱指揮者)

プロフィール

国立音楽大学大学院ドイツリート科修了。

往年の世界的歌手ゲルハルト・ヒッシュ、中山悌一の諸氏に師事。

コンセール・アミ国際オーディションで受賞。

オペラ「フィガロの結婚」のフィガロ、「魔笛」のパパゲーノ等を演じ絶賛される。

他、TAMAライフ21市民オペラ「カルメン」やベートーベンの「第九」、多摩創作歴史ミュージカル「玉の都」等積極的に活動する。

海外における演奏活動として、1985年より2013年までオーストラリア・イタリア・ドイツ・イギリス・クロアチア等で13回の演奏会を開催。現在7つの合唱団の常任指揮・指導者。コンクールで数々の受賞。

東京都合唱講座講師、NHK全国学校音楽コンクール審査委員も務める

  

合唱団指導で重視していることは

団員間の信頼すなわちハーモニーと楽しさです。

合唱団フォーゲルの印象

最初フォーゲルを担当した時は、正直言って「難しい団体」だと思いました。どうしてかと言うと百戦錬磨の戦士が沢山いたからです。長年の仕事で得た信念に基づいてみんな真っすぐに進むといった感じでした。唯、異次元での遭遇は皆の心を楽にし平等にしたのです。団の中で知り得るのはお互いの名前と人間味だけです。。個人的な詮索はしません。周りに目を向け協調が産まれ、お互いを尊敬しているように見えます。そんな中で音楽を楽しめる私は幸せだと思っています。

合唱団フォーゲルの魅力と課題

最初フォーゲルの良いところは、仕事分担が明確でそれぞれが立派に役割を果たしているところです。みなさん、意欲的だし熱心です。“音楽が好き”というアマチュアリズムの原点が生きています。

課題に思うことは、団員一人一人のレベルをもっと上げたいですね。個人的な指導もどこかに入れられると良いのですが。

フォーゲルに入って来られる人に期待することは

良い仲間が沢山いますから、音楽を心から楽しんで欲しいということです。

Copyright © mitakavogel. All Rights Reserved.(Wix.comで作成したホームページです)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now