今日は特別レッスンで声が抜けた


今日は、いつもの平川先生に代わって梶山明美先生の特別レッスンでした。最初の発声練習は、巻き舌で音を出したり、唇をブルブル振るわせて音を出す練習から始まった。舌の動きを活発にしたり、口の周りの筋肉を柔らかくするための練習だが、なかなか思うようにいかない。それだけ普段は歌っていても舌の動きが悪いし、口の周りの筋肉も固いのだろう。こういう練習をしっかりしておかないと、きれいな伸びのある声は出ないんだと納得。いつもと違う練習方法に戸惑う人も少なくなかったが、皆さん真剣に取り組んでいて、楽しんでいる様子がわかる。そのあと、「小さい秋」と「夏の思い出」を先生に聞いていただいて、具体的に声の出し方、歌い方についてパートごとに指摘を受け、何度か練習を繰り返した。メロディーを歌うこのと多いソプラノが中心になったが、旋律を階段を移動するように歌うのではなく、息が頭の上の方に抜けるような感覚で、伸びのある声で歌う練習をしたら、本当にきれいな声が出ていた。歌う時のちょっとした意識の違いで、音色が全然違ってしまう。今回、たまたま本格的に発声のトレーニングを受けたが、定期的にこういう練習も取り入れられればと思った。今日の2時間の練習はあっという間に終わった感じで、本当にいい練習ができた。梶山先生、ありがとうございました。また、ぜひ、お願いします。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square